お知らせ
ホーム > お知らせ > 【国際人材の育成】本校、勝ち抜いて見事第3位に! 第3回新潟県高校生英語ディベート大会

Pickup Menu

学校紹介

学校紹介

グローバルな世界との結びつきを見すえ、これからの時代や社会で国際的に活躍できる人材の育成を図ります。

PICKUP 01
学科紹介

学科紹介

本校の看護学科に入学すると、中学卒業後最短の5年で、看護師国家試験を受験する事ができます。

PICKUP 02
学校生活

学校生活

学校生活を充実させる様々なイベントがございます。海外への修学旅行等、素敵な思い出を。

PICKUP 03
進路指導

進路指導

入試情報

入試情報

系列校連携

系列校連携

デジタルカタログ
加茂暁星高等学校 スマートフォンサイト
G☆ラーニング
海外留学プログラム
修学旅行
同窓会HP

お知らせ

【国際人材の育成】本校、勝ち抜いて見事第3位に! 第3回新潟県高校生英語ディベート大会

10月24日(土)新潟国際情報大学みずき野キャンパスにおいて、第3回新潟県高校生英語ディベート大会(【主催】 新潟県高校英語ディベート教育推進委員会〈委員長 飯沼和男加茂暁星高等学校長〉。 【後援】  新潟県教育委員会、新潟県高等学校長協会、新潟県私立中学高等学校協会、   新潟県高等学校教育研究会、新潟県高等学校教育研究会英語部会、一般財団法人 新潟県教職員厚生財団、 公益財団法人 日本教育公務員弘済会新潟支部、 新潟日報社、BSN新潟放送、全国高校英語ディベート連盟(HEnDA)、 新潟国際情報大学、新潟経営大学、新潟中央短期大学、 NTTラーニングシステムズ株式会社)が行なわれました。

論題は「日本国は,自衛隊の参加制限を緩和し,国際連合の平和維持活動に,より積極的に貢献すべきである。是か、非か」。

県立国際情報高等学校、県立長岡高等学校、県立新発田高等学校、県立燕中等教育学校、加茂暁星高等学校の5校 8チームの参加により、英語による熱いディベートが繰り広げられました。
予選、準決勝、決勝の結果、本校チームは予選を勝ち抜き見事第3位となりました。
大会終了後、講評にて今大会の審判長・臼井陽一郎新潟国際情報大学教授より「新潟県の高校生の英語力のポテンシャルをあらためて認識しました。この大会を契機に国連の安全保障問題に関心を持ち続けてほしいと思います(趣意)」とのお話がありました。

全体の結果は次の通りです。

優勝 国際情報高校Aチーム(12月、岐阜で行われる全国高校生英語ディベート大会に新潟県代表として出場します)

準優勝 長岡高校Aチーム  第3位 国際情報高校Bチーム  加茂暁星高校チーム

CIMG7845 CIMG7868 CIMG7893 CIMG7943

 

 

 

 

 

PAGE TOP