お知らせ
ホーム > お知らせ > 卒業生が認定看護師になりました!|看護専攻科

Pickup Menu

学校紹介

学校紹介

グローバルな世界との結びつきを見すえ、これからの時代や社会で国際的に活躍できる人材の育成を図ります。

PICKUP 01
学科紹介

学科紹介

本校の看護学科に入学すると、中学卒業後最短の5年で、看護師国家試験を受験する事ができます。

PICKUP 02
学校生活

学校生活

学校生活を充実させる様々なイベントがございます。海外への修学旅行等、素敵な思い出を。

PICKUP 03
進路指導

進路指導

入試情報

入試情報

系列校連携

系列校連携

デジタルカタログ
加茂暁星高等学校 スマートフォンサイト
G☆ラーニング
海外留学プログラム
修学旅行
同窓会HP

お知らせ

卒業生が認定看護師になりました!|看護専攻科

看護専攻科1回生の加藤さんと3回生の岡さんのお二人(新潟県立燕労災病院勤務)が、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、学校に報告に来てくださいました。

 

DSC_1974

 

DSC_1972

 

加藤さんは、新人のころからがんで亡くなられる方をみていて、経験を重ねるごとに最期の残された時間を少しでも安楽に過ごしていただきたいという思いが強くなり、緩和ケア認定看護師を目指しました。

学校に通っていた約半年間は、教えられて覚えるという学習スタイルではなく、自分で考えることを多く求められたそうです。常に”勉強”という言葉が頭から離れず、そんな自分にもビックリしたとおっしゃっていました。

現在は、病院で月に2回の活動日に病棟をラウンドしたり、緩和ケアのチーム会に参加したりしているということでした。

今後は早い段階からその人の先を予測して看護していきたいと目標を語ってくれました。

 

岡さんは、認知機能が低下したためにコミュニケーションがとりにくい患者さんへの看護にジレンマを感じることが多かったそうです。しかし、そのような状態の患者さんともかかわり方を工夫することで信頼関係が築けるのではないかと思い、認知症看護認定看護師を目指しました。

看護だけでなく、記憶についての学習なども含め、幅広く学習することで、認知症患者さんのとらえ方が変わったそうです。実習を通して、患者さんの問題点ばかりみていた自分にも気づき、できているところを認めるかかわりの重要性を実感できたとおっしゃっていました。

今後は、認知症を正しく理解する人が増えていくように、地域との交流を大切にしながら活動をしていきたいと目標を語ってくれました。

 

 

また、専攻科1・2年生の教室を訪れ、看護師を目指し学んでいる後輩に激励のメッセージを送ってくださいました。専攻科2年生は、臨地実習中に患者さんとの関わりで悩んだことなどを質問する様子がみられました。

 

DSC_1978

 

お二人の今後のご活躍を応援しています。

PAGE TOP