学校生活
ホーム > 学校生活 > 生徒会 > 暁星祭収益金を災害被災地に!

Pickup Menu

学校紹介

学校紹介

グローバルな世界との結びつきを見すえ、これからの時代や社会で国際的に活躍できる人材の育成を図ります。

PICKUP 01
学科紹介

学科紹介

本校の看護学科に入学すると、中学卒業後最短の5年で、看護師国家試験を受験する事ができます。

PICKUP 02
進路指導

進路指導

入試情報

入試情報

系列校連携

系列校連携

デジタルカタログ
加茂暁星高等学校 スマートフォンサイト
G☆ラーニング
海外留学プログラム
修学旅行
同窓会HP

生徒会

暁星祭収益金を災害被災地に!

12月17日(火)の放課後、

生徒会総務が暁星祭(9月21日)の収益金70,272円を持って加茂市役所を訪れました。

今回は、6月に発生した地震により甚大な被害を受けた「新潟県村上市への義援金」として

役立ててもらいたいと、加茂市長に手渡しました。

a

このお金は加茂市長から直接村上市長に手渡されることになっています。

収益金は3年生のクラスによる模擬店での売上金です。

ここ数年、生徒会では暁星祭の収益金を災害被災地に送るという活動をしています。

昨年は西日本豪雨災害の被災地、一昨年は糸魚川市の大規模火災被災地への義援金としました。

お金を手渡した後、加茂市長・副市長さんとの懇談の時間となりました。

b

総務の生徒はかなり緊張気味の様子でしたが、

次々と繰り出される質問に対し丁寧に受け答えをしていました。

 

※今日の三条新聞に掲載されました!

PAGE TOP