学校生活
ホーム > 学校生活 > 学校行事 > 看護科3年生戴帽式 ~57の心に灯された希望のあかり~

Pickup Menu

学校紹介

学校紹介

グローバルな世界との結びつきを見すえ、これからの時代や社会で国際的に活躍できる人材の育成を図ります。

PICKUP 01
学科紹介

学科紹介

本校の看護学科に入学すると、中学卒業後最短の5年で、看護師国家試験を受験する事ができます。

PICKUP 02
進路指導

進路指導

入試情報

入試情報

系列校連携

系列校連携

デジタルカタログ
加茂暁星高等学校 スマートフォンサイト
G☆ラーニング
海外留学プログラム
修学旅行
同窓会HP

学校行事

看護科3年生戴帽式 ~57の心に灯された希望のあかり~

平成28年8月25日、加茂文化会館大ホールにおいて戴帽式が行われ、看護科3年生(5年一貫教育第13回生)57名が看護の道を歩むことへの決意を新たにしました。

式では、厳かな雰囲気の中、一人ずつナースキャップ(男子はハンカチーフ)を戴き、ナイチンゲールの灯火を自らのキャンドルに灯した後、その灯の中で、声を揃えてナイチンゲール誓詞を斉唱しました。

 IMGP5460

そのあと、一人ひとりが将来どのような看護師になりたいか誓いの言葉を述べました。決意に満ちた表情が伺え、頼もしく見えました。

DSC_0335

 

本校では毎年、はじめて患者様を受け持つ実習の前に戴帽式を行っています。戴帽式を行う看護学校が減ってきているなか、本校では戴帽式の準備や練習に多くの時間を当てています。そのなかで、生徒たちは積み重ねやチームワークの重要性を学び、前向きな心、変わる勇気が育まれ、仲間や周囲に対する責任感や信頼感、感謝の気持ちが芽生えてきました。この貴重な体験は臨地実習で患者様への看護に必ずいかされるものと信じています。

 

ご多用の中、ご出席いただきました来賓の皆様、ご家族の皆様に深く御礼を申し上げます。

PAGE TOP